戊辰戦争150年~白河・会津若松の旅~(中)

東北における戊辰戦争の舞台となった福島県白河市の小峰城や稲荷山を見たのち、戊辰戦争150年のツアーは、会津若松市河東町にある「会津藩校日新館」(写真)を訪ねました。

虚言(うそ)はなりませぬ

会津藩の藩校だった日新館は、1674年に藩主、保科正経が設けた「講所」が起源で、1803年になって、会津若松城の隣に「日新館」として生まれ変わり、すべての藩士の子弟が論語から兵学や天文学まで学ぶ総合教育機関になりました。戊辰戦争で校舎が焼失、藩校もなくなりましたが、1987年に、教育・観光施設の「会津藩校日新館」として現在の場所に再現されました。約12万平米の広大な敷地と、いろいろな校舎群とともに、水泳を習う「水練水馬池」まで再現されているのに驚きました。早速、館長の宗像精さん(写真)から日新館と会津精神について話をうかがいました。

藩士の子どもたちは、10人前後で「什」(じゅう)と呼ぶ集団をつくっていたそうで、それぞれ「什の掟(おきて)」(写真)を設け、日々の反省にこれを唱えていたといいます。会津精神の原点というわけで、日新館には、下記の7か条が掲げられていました。そのなかには、年長者の言うことに背くな、戸外で婦人と言葉を交えるな、といった封建道徳も多く、現代にはふさわしくないというので、子どもたちには、虚言(うそ)を言うな、卑怯な振る舞いをするな、弱い者をいじめるな、の3か条を主に説いているそうです。

宗像さんは、もはや子どもではない私たちのツアーに「虚言」の条文を説明するときには、「いまの政治家にも言いたい」と述べていました。たしかに、今の安倍政権こそ学ぶべき掟で、「ならぬことはならぬものです」と言いたくなりました。

「窮すれば通ず」ではない

宗像さんの講和でなるほどと思ったのは、会津には「変」と「通」が足りなかったという話でした。時代の変化に対応して、自分自身を変化させれば、そこから活路も通じるのに、それができなかったために、「朝敵」の汚名を着せられ、戊辰戦争で敗北を喫することになった、というのです。

歴史学者の磯田道史は、「福島民友」の戊辰戦争150年企画のインタビューで、「変通」について語っています。それによると、この言葉は、幕末によく使われたもので、西洋と戦うときに旧式の武器では勝てないとなったときに、「変通して西洋武器で戦おう」というふうに使ったというのです。磯田さんは、会津藩について、このなかで次のように語っています。

「会津藩は江戸中後期には変通しましたが、幕末期にはうまく変通できなかった。要するに、一時は日本最高の教育をやったのに、時代に遅れて、気の毒な目に遭うわけです。不利益なことをさせられて。それは『変通』が乏しい」

変通の語源は、易経の「窮すれば則ち変じ、変ずれば則ち通じ、通ずれば則ち久し」から来ているのですが、日本では「窮すれば通ず」ということわざで、「行き詰まって困り切ると、かえって活路が見出せる」(広辞苑)という意味で使われています。磯田さんは、そこに日本人の甘さを見ているようで、次のように指摘しています。

「日本人は、どこか甘い。『変ずれば』という一番肝心な部分をすっ飛ばして、窮したら何をしなくても自然に道が開ける。神風が吹くと考える。日本は森の国で暖かい。自然は豊穣で、人も、おっとりしている。一方、大陸は厳しい。そうはいきません。何か育んでくれる感じを日本は持っていて、変わらなくても生きていけるといった甘い考えを持ちやすい。困ったときには、変わることができる知恵と勇気です」

戊辰戦争と太平洋戦争

「変通」ができなかった会津藩の悲劇の構造は、日本人全体にも通じるというわけです。宗像さんの話は示唆に富んでいて、会津の話が日本全体の話につながっていくのですが、もうひとつだけ、宗像さんの話で印象に残ったことがあります。

それは、会津藩を「朝敵」「賊軍」にした薩摩・長州のやり方について、「欺瞞」「歪曲」「隠匿」「抹殺」といった言葉(写真)を並べたうえで、これが多くの国民に多大な犠牲をもたらした第2次大戦の敗戦につながるという説明でした。戊辰戦争で敗北した東北の人々にとって、明治維新は薩長による倒幕のクーデターであり、「近代国家の誕生」と言われると、釈然としないところがあります。

とはいえ、明治以降の日本が近代国家として西欧諸国に追いつくことができたのも事実ですから、明治維新を全否定はできません。そんな東北のわだかまりの発露が、戊辰戦争の延長線上に太平洋戦争の敗北があるという見方につながっているように思えますが、その一方で、太平洋戦争に向かう日本の慢心の原点を日露戦争だけではなく、戊辰戦争にみることもできると思います。

歴史家の半藤一利さんは、前掲の「福島民友」の戊辰戦争企画のインタビューで、「日本という国は、軍事国家として明治13年(1880)ごろスタートし、政治、経済、外交の面での近代国家としては明治22年(1889)ぐらいから出発した」と語っています。立憲君主制を定めた明治憲法が発布された1889年を近代国家としての日本の出発点だとすると、それ以前の1880年には、天皇直属の参謀本部が設置され、一般の国務から独立した「統帥権」ができているというのです。

その統帥権を盾にして、陸軍は長州閥、海軍は薩摩閥というすみわけをしながら、太平洋戦争までの突き進んできたことになります。半藤さんの次のような言葉は、宗像さんの思いを補強しているように思えます。

「昭和に入り戦争に突入していくまでの国家の在り方というのは、まさに薩長的だった。(明治維新というクーデターと同じように)天皇を敬い奉るような顔をして、本当のことは教えず、勝手に自分たちが戦争をやった。そして進んでいったら、止まらなくなった」

こうした軍部の暴走を最後に止めたのが終戦時の首相だった鈴木貫太郎(1868~1948)らの「賊軍派」だというのが半藤さんの見立てで、鈴木は、関宿藩士(千葉県)の長男で、関宿藩は、幕末には彰義隊(旧幕府軍)に加わる者が多く、藩は明治政府から石高を削減されている。その意味では、「賊軍派」ということになるのでしょう。前回、紹介した南部藩士の子である原敬も、政党政治を掲げた政友会で、軍部とは距離を置こうとした政党の流れといえるかもしれません。

幕府の御家人出身で、戊辰戦争の最後となった函館戦争で、旧幕府側の首領となった榎本武揚は、維新後、明治政府に取り立てられ、逓信大臣、文部大臣、外務大臣、農商務大臣などを歴任しました。まさに賊軍派ですが、榎本が推進したのは殖産興業であり、南方やメキシコへの移民計画を含め、中国大陸への進出をはかろうとする「北進論」とは異なっていました。

私は『榎本武揚 近代日本の万能人』(藤原書店)の編著者として、「序」のなかで次のように榎本を評しましたが、あらためて、「賊軍派」という視点から榎本をみると、「薩長閥」の率いた日本との対比がはっきりと見えてくるような気がします。

「西欧列強と同じようになりたいという野望から朝鮮半島や中国大陸への『北進』論が芽生えるなかで、榎本は西欧列強と正面から対峙することなく、軍事ではなく交易によって資源を確保していく『南進』の発想を示した。同時代の国権論者の水準を超えた榎本の発送の延長上には、第二次大戦に至る日本の道行きとは異なる生き方の可能性があった」

仲良くしても仲直りはできない

日新館の宗像館長は、昨年末、山口県萩市で「戊辰150年の会津人の思い」と題して講演したときに、「『150年たったから仲直りを』は、歴史の事実をご破算にするもの。真相をちゃんと残し、交流を深めるほうが結びつきは深くなる」と語ったそうです。今回のツアーでも、「仲よくはできるが、このままでは、仲直りはできない」と語っていました。

宗像さんに限らず、いまだに戊辰戦争にこだわる会津人に対しては「がんこ者」だという評価がなされています。しかし、江戸開城以降の新政府軍による東北攻めの理不尽さや、戊辰戦争以降の薩長の思い上がりを思い起こせば、薩長側の戊辰戦争に対する反省がないままに、仲直りはできない、という会津のがんこさこそ必要で、太平洋戦争の敗戦に対して、「一億総ざんげ」という言葉に象徴される無責任さを認めることになってしまうように思いました。

日新館では、福島県内の小学生のグループが会津精神を学んでいました(写真)。大きな声で、「什の掟」を読む子どもたちの声を聞きながら、教科書には記されていない敗者の歴史を学ぶことも大事だと思いました。戊辰150年のツアーはまだ続きます。

(2018.9.20 「情報屋台」)

戊辰戦争150年~白河・会津若松の旅~(上)

今年は1868年の明治元年から150周年にあたり、明治維新150周年の記念行事が各地で催されています。しかし、同じ年に起きた戊辰戦争で敗れた奥州越列藩同盟の諸藩ゆかりの地域からみれば、薩長主体の新政府から受けた屈辱の歴史を思い起こす年でもあります。なかでも新政府軍からの攻撃で落城、転封の憂き目にあった会津藩ゆかりの福島県会津地方の思いは、ことしを「戊辰150周年」として観光につなげようとする商魂とは別に、根深いものがあるように思えます。そこで、日本記者クラブが企画した「戊辰戦争150年プレスツアー」に参加して、白河・会津若松を回り、あらためて戊辰戦争150年を考えてみました。

白河口の戦い

ツアーの最初に訪れたのが福島県中通り地方の南に位置する白河市です。ここで、東北における戊辰戦争の緒戦ともいえる「白河の戦い」があり、新政府軍は、会津藩を中心とする旧幕府軍(奥州越列藩同盟軍)を破り、戦いは会津藩の本拠地である若松に移ります。もともと白河を治めていたのは白河藩で、寛政の改革を主導した3代藩主の松平定信が有名です。戊辰戦争のときには、藩主だった老中の阿部正外が罷免され、国替えになった直後で、白河藩はなくなり、幕府直轄の天領となっていました。そこで、まず会津藩が白河藩の本拠地である小峰城(白河城)を占拠したのですが、ほどなく新政府軍はこの城を奪われました。JR白川駅の前に建つ優雅な小峰城(写真)は、戊辰戦争で焼失したのを1991年に復元されたものです。

この白河の戦いで、もっとも激戦となったのは、小峰城の南にある稲荷山での戦闘でした。新政府軍が攻撃を始めた最初に日だけでも旧幕府軍は700名近い戦死者を出したそうですが、新政府軍の死者は20名足らずだったとか。「新政府軍は射程の長いアームストロング砲などの火器でまさったうえ、鳥羽伏見の戦いからの東征の過程で取得した戦術や戦闘能力で、旧幕府軍を圧倒しました」と、小峰城や稲荷山の案内をしていただいた『白河大戦争』の著者、白川悠紀さんは語っていました。

薩英戦争(1863年)や馬関戦争(1864年)で、攘夷の限界と西欧の火器の威力を学んだ薩摩や長州を主体とする新政府軍は、戊辰戦争では、英国などから輸入した最新鋭の火器で旧幕府軍を圧倒しました。旧幕府軍でも長岡藩のように、最新鋭の機関銃だったガトリング砲などを装備したところもありましたが、旧幕府軍は、軍備で新政府軍に劣っていたようです。英アームストロング砲の開発が1855年、米ガトリング砲の発明が1861年、スナイドル銃の製品化は1863年、「八重の桜」の山本八重が使ったといわれるスペンサー銃の開発が1860年などと、最新兵器の開発された時期は幕末と重なっています。軍備でも、時代の変化にいちはやく対応できたところが勝者になったということでしょう。

斎藤善次右衛門

このツアーに携帯した小冊子があります。宮城県石巻市の郷土史家である阿部和夫さんが書いた『戊辰戦争150年 宮城・中津山の侍たち 北越戦争』(三陸河北新報社)で、石巻圏を販路とする「石巻かほく」に阿部さんが連載した記事をまとめたものです。石巻から戊辰戦争に加わった人たちのことを書いているのですが、そのなかに、「前谷地『斎善』の8代目の当主善次右衛門も出陣し、白河で戦死してしまいます」という記述があり、斎藤善次右衛門との“縁”を思い出しました。

私が2008年から3年間、朝日新聞石巻支局長として勤務していたときに、斎藤善治次右衛門が戊辰戦争に先立って仙台藩に1万両の献金を約束した遺墨と仙台藩の先遣隊として出陣したときに、陣中から子どもにあてた書状を私が入手し、それらを石巻市に寄託しているという縁です。東日本大震災の津波で、収蔵されていた石巻文化センターも被災したので、流出したのではないかと思っていたのですが、最近、石巻市教育委員会より連絡があり、旧湊小で仮保管されていることがわかりました。斎藤家は豪農で知られ、戦前は山形の本間家、秋田の池田家と並ぶ東北の3大地主で、明治以前は、仙台藩にたびたび寄進したことなどから天保年間に郷士となりました。

あらためて、書状には何が書かれていたのか、1968年に編纂された『斎藤善次右衛門伝』(財団法人斎藤報恩会)をひらくと、仙台藩が新政府の命を受けて会津征伐で出陣したときに、土湯口(現在の福島市土湯町)の陣中で書いたもので、会津藩との戦闘の模様などを伝えていました。「陣中生活を微細にわたって綴り、一子の養之助(九代)に教訓として垂れている点がうかがわれる」と、同書は手紙の内容を要約しています。

善次右衛門は、仙台藩が会津討伐から会津と同盟を組むことになると、そのまま会津に残り、白河口の戦いに加わり、稲荷山を中心に激戦となった日の白河城下での市街戦で、腹部に被弾、翌日の未明に死亡しました。42歳でした。白河の史跡をみると、「仙台斎藤善治(ママ)右衛門供養」という供養碑があり、新政府軍が旧幕府軍の遺体の埋葬やや慰霊を禁じていたといわれているので、どういういきさつで建立されたのか疑問があったのですが、上記の本でその疑問が解消されました。

善次右衛門は7人の従者を連れていて、生き残ったふたりが軍刀や遺髪を携えて帰郷、戦闘の様子などを詳しく報告していました。それによると、白河城下は新政府軍に制圧され、善次右衛門は旧幕府軍に味方した民家の土蔵に隠れていたところ、近くの高橋常吉という町民が自分の隠居所にかくまったそうです。その縁で、高橋家が自分の墓所に善次右衛門の供養塔を建てたとのこと、供養塔には、戦闘で亡くなった3人の従者の名前も刻まれています。戊辰戦争の直後は、旧幕府軍の死者に対して「鎮魂」という言葉は使えず、「戦死」という言葉を使ったようです。したがって、この供養塔も明治の初期に建てられたのだと想像されます。ツアーでは、稲荷山のふもとにある会津藩の「戦死墓」(写真)にお参りをしましたが、善次右衛門の供養塔については、その存在を知らなかったので、行けませんでした。宿題が残りました。

仙台の郷土史家である木村紀夫さんが2015年に著した大著『仙台藩の戊辰戦争』のなかの「人物録」では、善次右衛門について、次のように人物像を紹介しています。

「戊辰戦争で国難の急迫を知り、藩主に軍用金として一万両の無志願献上納を出願した。さらに自らが銃後にあるのを潔しとせず第一線の先鋒隊員を願い出て、…(中略)…。有為の人材で勇気と行動に徹した愛国者であった」

蘇る「仁」のこころ

戊辰戦争150年を記念して白河市がつくったテーマフレーズは、「蘇る『仁』のこころ」(写真)です。会津若松市がつくったフレーズは「現代に語り継ぐ、会津の『義』」で、「仁義」をこの2市で分け合ったのかと思いましたが、白河市の「仁」は「白河戊辰戦争の戦死者を敵味方の分け隔てなく、今も手厚く弔っている『仁』の心を後世に伝えていく」という意味で、会津若松市の「義」に込めた「会津は『義に死するとも不義に生きず』」とは、戊辰戦争に対する温度差があるようです。戦争の当事者である会津若松市と、戦場になった白河市とでは、捉え方に違いがあるのは当然かもしれません。

白河市が分け隔てなく弔う象徴として見せているのが会津藩士の「戦死墓」と、墓所の通りを隔てた向かい側に建つ新政府軍側の「長州大垣藩戦死六名墓」で、新政府側にも「戦死」という言葉が使われるなど、分け隔てがないようです。2015年に稲荷山につくられた慰霊碑には約千人の「戦殉難者」の名前が刻まれていますが、ここでも、仙台藩、会津藩、長州藩など、両軍の戦死者の名が出ています。

敵味方分け隔てなく弔うというのは、戦争の勝者に対しては、たやすかったかもしれませんが、敗者に対しては、弔った人にも災禍が及ぶ危険もあり、たいへんな勇気を必要としたと思います。仙台藩士であった斎藤善次右衛門に対する白河の人々の対応をみると、「仁」の心だけではなく「勇」の心意気もあったのだと思います。

白河以北一山百文

東北地方の人々にとって、戊辰戦争と白河というと、白河口の戦いよりも、「白河以北一山百文」という言葉のほうが有名だと思います。戊辰戦争の勝った新政府軍が白河以北の土地は、ひとやまでも百文にしかならない荒地ばかりだという意味で語った言葉だと伝えられています。白河は、平安時代には「白河の関」があり、奥州への入り口となっていたところですから、白河以北といえば、東北全体を指しています。東北人が怒るのは当然で、仙台に本社を置く河北新報は、この言葉から新聞の名前を採り、「東北の振興」と「不覇独立」(ふきどくりつ)を社是にしてきたそうです。

河北新報の紙面には、ときどき、題号の由来が紹介されているので、私も知っていましたが、今回のツアーで、平民宰相といわれた原敬(1856~1921)にも関係している言葉であることを知りました。新幹線の新白河駅で出迎えていただいた鈴木和夫市長の話の中で、南部藩士の末裔だった原が「一山百文」という言葉から採った「一山」を号として用いていたと、語っていたからです。東北人にとって、「白河以北…」の言葉が自らを卑下しながらも、それに負けない反骨精神を示す言葉として焼き付いているのを示すエピソードでしょう。鈴木市長は、「戊辰戦争は、官軍と賊軍の争いではなく、意見の違いだけだった」と原敬の言葉を伝えていました。前掲の阿部和夫さんの『北越戦争』も、1917年に盛岡市で開かれた戊辰戦争殉難者50年祭の祭文に書かれた次のような原敬の言葉を紹介しています。

「顧みるに昔日もまた今日のごとく国民誰か朝廷に弓引く者あらんや。戊辰戦役は政見の異同のみ。勝てば官軍、負くれば賊軍の俗謡あり。その真相をかたるものなり」

この言葉に対する阿部さんのコメントを紹介して、ツアー前半の話を終えます。

「これ(原敬の祭文)は、戊辰戦争に敗れ、以後『白河以北一山百文』とさげすまれ、さまざまな意味で冷遇されてきた奥羽諸藩の末裔の人々の思いはもちろん、東北地方の人々の無念の思いを代弁するものだったと思います」

(2018.9.18 「情報屋台」)

プーチンが投げたウルトラ変化球

ロシアのウラジオストクで開かれていた東方経済フォーラムの記者会見で、プーチン大統領が突然、日本との間で、前提条件をつけずに年内に平和条約を結ぶことを、同席していた安倍首相の前で、提案しました。

第2次大戦後の戦後処理の過程で生まれた北方領土問題は、4島の返還を求める日本と、返還すれば日米安保条約のもとで米軍基地がそこにできることを恐れるロシアとの間で、膠着状態が続いています。2016年の日ロ首脳会談で合意した北方4島での「共同経済活動」も進展がないなかでの提案で、日本側は驚いているようです。

日ロ間で平和条約が結ばれていないということは、最終的な戦後処理が終わっていないということになります。とはいえ、1956年にソ連(現ロシア)との間で結ばれた日ソ共同宣言で、国交は回復されているため、両国間で残る戦後処理問題は領土問題と平和条約の締結であり、領土問題と平和条約の締結とはセットで考えられてきました。逆にいえば、領土問題が含まれない平和条約の締結は、これまでの経緯を考えれば、ほとんど意味がないということになります。

それを承知で、プーチン大統領がウルトラ変化球を投げてきた真意は何か、日本側が戸惑うのも当然で、ニュース映像で見ると、安倍首相は笑いで対応するしかなかったようです。振り返れば、安倍さんが主導した「共同経済活動」の狙いは、経済的な協力関係を深めたうえで、領土交渉が進展する土壌をつくることでしたから、平和条約も領土問題を解決する土壌をつくることになるかもしれません。しかし、プーチン大統領は、「あらゆる前提条件をつけないで」と語っているので、平和条約の締結が領土問題の進展につながる保証はないわけで、日本側がおいそれとこの提案に乗るわけにはいかないと思います。だから、プーチン大統領の平和条約への本気度が高いのであれば、今後、領土問題での譲歩をにおわせてくる可能性はあると思います。

プーチン大統領の狙いは何か、あらためて考えてみると、強固な日米関係にくさびを打つことだと思います。トランプ大統領の米国は、気候変動についてのパリ条約から離脱、NAFTA(北米自由貿易協定)の見直し、TPP(環太平洋経済連携協定)からの離脱など、国際的な枠組みからはずれ、アメリカファーストの孤立主義的な傾向を強めています。米朝首脳会談も、朝鮮半島への米国の関与を弱める狙いとみることもできます。

トランプ大統領の考え方が、余計な出費までして同盟国を守る義理はない、ということであれば、日本が採るべき道のひとつは、独自の軍事力を強化して、「仮想敵国」であるロシアや中国との軍事バランスをとることになるでしょう。1951年に米国が戦後の日本占領を解いて日本の独立を認めると同時に結んだのが日米安保条約で、その目的はソ連を中心とする社会主義国から日本を守るということでしたが、その一方で、日米安保条約は、日本の軍備の膨張を防ぎ、日本の軍国主義化を防ぐという狙いもあるとされ、日米安保は日本の軍国主義化を押さえる「瓶のふた」ともいわれてきました。

トランプさんの狙いは、まさに瓶のふたをはずして、自分の国は自分で守れ、ということでしょうから、ソ連や中国も、瓶のふたが取れる日本への警戒心も出てきていると思います。日本に秋波を送り、日米同盟に裂け目を入れると同時に、日本が軍事力の増強に走らないように平和条約を締結する、というのはロシアの戦略的な判断かもしれません。中国の習近平政権がこのところ、日中関係の改善に傾いているのも、トランプ政権の動きをみてのことだと思います。そう考えると、プーチン大統領は、今後、4島か2島かという議論は別にして、何らかの返還と、米軍を含むその島の非軍事化という条件を出して、日米安保体制を揺さぶるという構図を頭のなかで描いているかもしれません。

トランプ大統領の出現によって、世界は「新しい秩序」の構築に向けて、いっせいに動き出しています。憲法改正と北方領土問題の解決によって、「戦後の総決算」を果たし、歴史に名を残すというのが安倍首相の思惑だと思いますが、後ろ向きになる米国をにらみながら、新しい世界秩序を東アジアでどう構築していくかという構想が煮詰まっているとは思えません。

たとえば、日ロ、日中の政治や経済などの友好関係を深めるのにあわせて、東アジア地域の軍拡ではなく軍縮を進める、という基本戦略をつくったうえで、ロシアや中国と向き合えば、相手から出される変化球にも柔軟に対応できるのではないか、と思います。もっと現実的な基本戦略があるのかもしれませんが、基本戦略がなければ、相手の変化球に惑わされて、空振りを繰り返すのではないかと思います。

(2018.9.13 「情報屋台」)